修理依頼の前に確認

バスルーム

すぐに駆けつけてくれる

いつでもすぐにお湯が出せる給湯器は生活に欠かせないものとなっていますが、使用頻度が高いぶん、どうしても部品の経年劣化などにより故障が発生することもあります。最近ではお風呂や暖房に使用している家庭も多く、給湯器の故障は生活に直接影響を及ぼしますので、一刻も早く修理しておきたいものです。ただ、「給湯器が故障した」といった問い合わせのうち、かなりの割合でガス・給湯栓を開けてなかったとか、電源が入っていなかったなどの初歩的なミスの場合があり、修理を依頼する前に、説明書などで一度確認してみることも大切です。修理はメーカーがおこなっているのと他に、給湯器修理業者がおこなっているのもあります。どちらも専門でおこなっているので、大きな技術的な差はありません。

修理専門業者に依頼するメリット

どの給湯器も概ね10年までが耐用年数となっています。もちろん使用頻度や定期的なメンテナンスによって、それが長くなったり短くなったりもします。ただ、古くなると危険な上に熱効率自体が悪くなるので、ガス代節約の観点で考えたときは、最新の機器に変えるのも一つの手であろうかと思います。修理専門業者はどのメーカーであっても対応してくれるのが大きなメリットです。最近では見積もりが無料の業者も多く、事前に費用を提示してくれるので安心です。また、修理はやめて他のメーカーに変えたいという要望にも応えてくれるので、そこがメーカー直接の修理との大きなちがいであるとも言えるでしょう。給湯器が故障したら、とにかく早く電話なりで問い合わせをすることをおすすめします。