アーカイブ
カテゴリー
現代に欠かせないもの

たくさんのプラスチックケース

プラスチック製品は、現代社会の生活にとって欠かせないものです。
身の回りを見渡せば、電化製品、キッチン用具、文房具、などなど至るところで活用されています。
これまで、金属や木材などで作られていた製品がプラスチックに置き換わるという物も多くあります。
理由は幾つかあります。
材質的な面で、金属や木材に比べて軽量です。
また、加工面でその形作りが容易に出来るという特徴があります。
そして、大量生産も可能です。
これは、コスト的な観点からも大変大きなメリットです。
また、高分子ですから、その構造を変化させることなどで、新たな特性を生み出すことも可能です。
熱に強い耐熱性樹脂や強度の強い繊維状の物も作れるようになりました。

プラスチックは、加工しやすいと書きましたが、いくつかの方法があります。
これらについて説明します。
樹脂は大きく分けて熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂がありますが、ここでは、熱可塑性樹脂の成形法について述べていきます。
射出成型、これは金型の中に溶かした樹脂を射出し冷却して作る方法です。
バケツなどたくさんの分野に製品は活用されています。
押し出し成形、これは一方が開放された金型に溶融した樹脂を流し込むもので、イメージ的にところてんを作るように、という言葉で表現されることがあります。
チューブの類は、この方法で作られます。
ブロー成形、これは金型に樹脂を流し込み、空気を送り込んで膨らませる加工法です。
他に真空成型という方法もあります。

チューブ状の物を作るための方法は、押し出しとすんなり決められますが、例えば容器のような物はブローによる方法でも出来ます。
それでも、これが最も活用されている方法であるのはどうしてでしょうか。
まず、ブローなどに比べて大量生産が出来るということがあります、それは一般的に何個取りとか言われている金型の取り数を増やすことでそれは可能になります。
金型は安いものではありません。
一度作ると失敗したからと言って、簡単に作り直せるものではありません。
ですから、最初の段階で十分求める製品が出来るか否かのチェックが必要になってきます。
そのために、一個取りで試してみたりする方法などもとられます。
3Dプリンターなども今後ますます活用されてされていくでしょう。

オススメリンク

作る必要性

合成樹脂と言えば即座にプラスチックを連想する人が殆ではありますがこれは素人ですと仕方の無い事でもあり、実際に様々な素材があってもいまいちその特性や良さと言うのはなかなか理解出来ないものでもありまRead more

様々な材料

プラスチックについては様々な材料があります。
良く耳にする材料の名前ではPETと呼ばれるものがありますが、飲料系で使われるペットボトルがそれにあたります。
PETに関しては環境にRead more

関連リンク

カレンダー
2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031